reef drink discontinued seventh day of christmas gift gift card display stand suppliers lyft coupon codes san diego ribbon variety gift collection
地球ごはん

体内環境と地球環境

さすがのイスラエルも冬らしい日々が続いてる。

一年のうち90パーセント以上晴れな感じなので、たまに雨だと鬱々としてくる。

仕事のペースを落としてから2ヶ月ほど経った。

最初は家でのんびりしているのが新鮮で楽しかったけど、エナジーたまってきたな。

 

オーストラリアの山火事少しずつおさまってきのかな。

年明けから、気候変動による明らかな影響の始まりですね。

グレタに言われるまでもなく、私にできることって何があるだろうと考えてみた。

買い物袋は使わない。袋持って行くの忘れても、意地でも袋は取らずに運ぶ。

なるべくプラスティックの包装をさける。

スーパーでなく、野菜屋さんに何回も使えるネットでできた袋を持っていく。

キノコ類が測り売りでなく、プラスティクの箱に入ってるのが残念。

やっぱキノコ育てたいな。

全部量り売りで、オーガニックで、入れ物持ってきて買えるお店があるといいんだけど、まだなし。

進んでいる国からその形式がメインになっていくんでないかな。

後、肉食産業と酪農産業から買わない。

ビーガンとかベジタリアンとか決め事するの嫌なんだけど、肉食産業が出すco2排出量の大きさは絶対無視できないことになってる。後やっぱり肉食、乳牛産業の動物の扱い、というか過酷で残酷な仕打ちに関わりたくない気持ちになる。

 

殺して食べることでなく、そのやり方がひどい。効率と利益を最優先にして、モラルとかバッサリ切り捨ててくるから。

無理やりずっと妊娠させられて、赤ちゃんは取り上げられてとかって、受け入れ難い。

牛って愛情深いから、産んで、取られてから数日泣いてるそうです。その間も乳絞られて。

 

職業も食関係だから。

人に出してお金取るものと、自分が食べたいものを別扱いにしたくないし。

地球の環境を考える。

自分の体の環境を考える。

そしたら自分に良いものは地球にも良いことなんだな、というのに気づいて嬉しい。

オーガニックの野菜、果物、穀物をメインに食べていたら、人々健康、地球の環境も改善。

肉の味好きだけど、特に出汁をあきらめるの寂しいけど。

でも食事制限してから今まで使っていなかった新発見素材もあるしね。

でもベジタリアン宣言はしない。

放し飼いの牛を探して、ご馳走作って、人呼んで、なんなら感謝の踊りを踊ってからみんなでありがたくいただくとかね。

春めいてきたら、野外ポップアップ居酒屋やろっと。

オーガニック野菜、放し飼いの鶏で焼き鳥、小麦じゃない粉でお好み焼きとか。

レンズ豆粉とかでやったら美味しそう。

だからグルテンも肉もやりすぎたんだよね、俺たち。

集まってたまに肉を食べるのって祝祭的なエナジーだな。

何事も感謝とリスペクト

 

 

 

 

 

Leave comment

Your email address will not be published. Required fields are marked with *.

Skip to content