young artists gifts french's mustard coupon 2015 kansas city international airport economy parking coupon feast buffet green valley ranch coupon my gift warren maxwell
地球ごはん

醤油作り続きとコロナについて

今日も家。そりゃそうだ。

昨夜、醤油作りひと段落。

反省点。麹菌が賞味期限擦り切れてて読めないし、間違いなくすぎてるだろうと思って、多めに入れたら、放熱が激しくて大変になった。

小分けにして、開けたり閉めたり、それでも温度上がりすぎたら扇風機かけてました。

大豆発酵しやすいんですね。

茹でが甘かったかと思ったけれど、がんがん発酵してたので大丈夫そう。

だいたい45時間後に、完成として、塩水と混ぜました。

壺とかかめとかが良いけどないので、イベントなどで大量にソースを作る時使っていた強化プラスティックの樽で。

プラスティックやだな。食品用具だから、まあ良し。あるもので。

欲しいもの注文リストに入れといたらどこかから現れるかな。

寒仕込みっていうから、最初は冷蔵庫入れようかな、、、と思いつつ、暑いけど日本より乾燥してるし、外で様子みることにします。

大豆 (乾燥)3kg

麦      3kg

塩      2kg

水      8L

種麹  30g (20gってレシピに書いてあったのに弱気になって30g入れた)

これで樽に20リットルぐらいになって、でも濾して煮沸するから10リットルぐらいの醤油ができるはず。

うち一月に1Lも使わないから10Lで1年は持ちそう。

味噌みたいに年中行事に組み込めば、いつもあるようにできる。

結構簡単です。まだできてないけど。

1年たったら、使う分を濾して煮沸して、残りはもろみと熟成されるから味が変わっていくんだろうな。

楽しみです。

今まで業務用のボックス20L入りで蛇口から出てくるんだったけど、ありがたみ全然違う。

まあ1年後の話。

味噌と醤油たくさん仕込んだから、次は何かな。

塩一度作りたいけど、今はお出かけしにくいからな。

死海の岩塩、集めるだけでそのまま使えそうだけど。

こんな感じ。

砂糖はとらないほうが良いので、もういらない。

みりんもいらない。甘味も照りも他にいろいろあるし。

酒は、、、、イスラエルワイナリーたくさんあるし、食材に合わせた白ワインで。

赤ワインもいいよね。醤油と赤ワインの組みあわせも好き。

じゃあ、次はお酢かな。

また発酵だ。

手作りオーガニックの調味料が欲しいのもあるけど、なんでも自分で作れることと地元で手に入ることの確認作業、みたいな。

 

昨夜から雨がぱらついています。イスラエル4月入ってから雨が降るのは珍しいです。

今日は水遣りしなくてよさそう。心なしか葉っぱもピンとしているような。

              

焚き火スペースも作った。

そしてコロナ。

急に時間出来て、気の向くままやりたいことして、目覚ましもミーティングもなし。

楽しかったんだけど、なんかだるくなってきた。

ネットでコロナウイルス関連の情報見るのも飽きたし。

ピークを超えたらしい国もあるけれど、封鎖を解いたらまた大2波きたりするだろうし、国、エリアによるだろうけど、この経済停滞がどこまで続くわからない。半年とかじゃないよね。数年?

数年というか、もう元の生活は戻らないからこれからどうなっていくのか。

で、最初から気になってるのが、このパンデミックスが、何かしらの人為が入ってるのかということ。

発端が何であれ、状況はもう起こっているんだけど、発端がわからないと、これがどう続いていくのかが予測できない。

ポストコロナワールドに慣れてきて、これからどうなるのか、どうするのか考え始めるんだけれど、あまりにも予測が立たない。

今までの経済システムぶっ壊れて、それが気候変動の歯止めになるんだったら、リラックスして、自分の生活をいかに経済システムに頼ららないで生活できるか(自給、交換経済、釣りとか採集)を追求するし、もしこのコロナ禍の裏にもっと心配しなきゃなことがあるなら、やっぱり人間の一員として戦わなきゃだし。

ウイルスは階級も人種も選別しないと思ってたけど、実際問題アメリカでも被害の割合が多いのはヒスパニックと黒人の貧困層。

医療へのアクセスもあるけれど、その前に情報へのアクセスが悪かったらしい。

それで今後ファミリービジネス、小中企業、すぐつぶれるし、そしたらそういうビジネス全部なくなっちゃうのか?

商店街も個人経営の飲食店も。

そりゃーつまらない世界になるよね。

ただでさえ、ショッピングセンターとかグローバルチェーンの飲食店とか、画一的でどこにお金が入ってるのかわからないような形態のビジネスが増えてるのに、それに拍車がかかるのかな。

だってこのままじゃすごい割合のビジネスつぶれるよね。

その結果、何が起こるのか。

気になる点もう一つ。

イスラエルもなんだけど、緊急事態宣言して、急に個人の位置情報とか取られるちゃうとかってどうよ。

シャバック(モサド国内版)は自宅隔離されてるはずの人が外に出ていたら携帯のgpsで捕まえてます。

人々が抵抗して守ろうとしているプライベートの尊重みたいのも一段階上のレベルで剥奪されてくし。

国と国の間の行き来も難しくなるし。

ほんで5Gと来るし。

私はコロナと5Gが関係あるとは思わないけど、頼んでもない5G勝手に家の周りに設置されて、また原発みたいに安全安全言っても全然信用できない。

コロナと5G関係ないけどポストコロナワールドには5G関係あるよね。

wifi早いから便利と言っても、監視社会にますます拍車かかるんでないかな。

そんなに早くなくていいよ、待つから。

健康に害がある疑いがあるなら、今のままで困ってないよ。

私にできること。

5Gに関しては、アンテナ近くにないところに住んで、近くにできないように見張っておく。

作る計画きたら反対の声を上げていく。ダメなら引っ越す。

特に最初は技術もまだ開発中だし、逃げる、避ける。

ポストコロナワールドはまだ見通しが立たない。

だからとりあえず種を植える。食べ物育てる。

一番やなのはワクチンできて、ワクチン打った人からロックダウンから解放されるとかかな。

打ちたくないもんね。特に最初は。何が入ってるんだか。

使いこなしてないテクノロジー使われたくない。

医療のオフグリット進めていこう。

あと、自分が生き残ることばっか考えても仕方ないよね。

子供一人立ちしたし、サバイバーに育てたから心配してないけど、人間社会の成り行きは非常に気になる。

自分が世界の一員としてできること。

あと人間社会の一員としてできること。

で、お題を選んだ。

日本が恋しくて、数年帰らないと憧れの国になる。でも

愛国心とかあんまりなくて個人的に、この惑星のどこでもいいから、自分の暮らしたいように暮らしたいだけと思ってたけど。

政治の劣化は民意の劣化じゃないのかとか。

この国に税金払ったら丸損だなとか。

でも、日本が恋しーい。

会いたい人たちはもちろんだけど、日本のにおいとか天気とかそれによって醸し出される感情とか。食べ物、自然。

ずーっと日本に住んでなくて、でも日本にコミットしたい。

でお題は日本の医療大麻合法化。

じっくり考えていこうと思います。

医療大麻もいろんなことと構図似てるんだよね。

製薬会社と医者の癒着とか。利権ですね。

だって副作用ないんだよ。なんで臨床実験許可とか不許可とか言ってるの。しかも材料安いし。

世界中で活躍してるカナボノイド分析器、日本製だし。(島津製作所、コロナ検査キットも販売はじまりますね。)

臨床データ、個人レベルで協力してもらったらかなり集められるけど。

でも証明すればいいってもんでもないんだろうな。

だって医療大麻が合法になると、困る人がいるから。邪魔してるん。

本当はさ、グアムとかで協力者見つけて、日本人も行ける医療大麻クリニックリゾートにデータと知識協力とか思ったんだけど。

日本人にだって医療大麻へのアクセスの権利がある。

基本的人権だよこれ。痛みと苦しみを減らして、治癒の可能性だってあるんだから。

もう証明されてるのに一部の人の偏見と忖度のせいで助かる人も助からないのは、許されない。

しかも利権のために。もういくらでもリサーチあるやん。

日本合法化無理っしょと思ってたけど、何かできることがあるか考える。

こんな時代ですので、不可能を可能にしていくようなクリエイティブなアイデア出していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave comment

Your email address will not be published. Required fields are marked with *.

Skip to content