zumbrota ford coupons send valentine gifts to australia from india creative gifts for her fashionandyou discount coupon october 2013 la county fair coupon 5 after 5
地球ごはん

マジックマッシュルームの医療利用

昨夜から雨。

水はけが悪くて畑の一部が水田状態になった。

いつもはいかに乾きすぎないかに気をかけるので、水がいっぱいは嬉しい。

 

アメリカオレゴン州、マジックマッシュルーム非犯罪化されましたね。

これでどんどん続くといいな。

非犯罪化と関係なく、サイロシビン(マジックマッシュルームに含まれる、サイケデリック作用のある物質)の医療目的のリサーチがいろいろ出てきてる。

https://us.cnn.com/2020/11/07/health/depression-magic-mushrooms-psilocybin-wellness/index.html

これはcnnの記事。

サイロシビンを使っての鬱病治療のリサーチ。

ジョンホプスキンのリサーチで、素早く力強い効果(rapid and powerful effect)という結果。

市場で売られている化学物質の抗鬱剤の4倍の効果があったそう。

今までの抗鬱剤は何週間、何ヶ月も服用してから効果が出ること、また望まれない症状が出るリスクがあることに対して、サイロシビンは将来の医療ゴールドスタンダートとフラシーボテストを通ったら、ゲームチェンジャーになると言っております。

2016年のリサーチで、末期がん患者の不安、鬱症状に効果があったことにも触れています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32954860/

これはNHIのウエブサイトの記事。

アメリカは画期的治療薬として、治験の許可出てるんだね。

そうじゃなきゃリサーチでてこないか。

 

ジョンホプスキンの精神科プロフェッサー曰く、今までの抗鬱剤がストレッサーから守る働くをするという仕組みであったのに対し、サイロシビンはダイレクトに脳に働きかけて、感情や物の見方の解放につながると言っています。

薬理的に言えばセロトニンに似ていて、同じレセプターに作用する。

鬱病も、ポストトラウマも精神疾患もセロトニンの役割大きいからそりゃ効くよな。

 

思うにセロトニンは痛覚の抑制という作用もあるから、サイロシビンも痛み止めとしても使えると思う。

というのは実際の例として、目の当たりにしてるから。

 

それと末期がんの不安、鬱症状に効くということは、治癒のチャンスに直結してるってことだよね。

余命宣告されてしまうような重篤な病気の場合、症状も大変なものを抱えているわけで、そうすると病は気からの気の部分が弱ってしまう。

だから鎮痛、睡眠、食欲とかを助けてくれるということは、気を守って生存して治癒する道筋つけるのに大変な助けになるってことだと思う。

まあ、余命宣告ってどんだけ思い上がってんだと思うけど。

精神弱い人はまず余命宣告で死んじゃうと思う。

余命宣告されてから、完治された人とか、完治はしてないけどそれなりの生活の質保って生きてる人ずいぶん知ってるけど。

 

それが癌細胞を直に殺すんでなくても、自分が癌を治すサポーターになってくれるって感じかな。

だいたいどの病気も自分で治すしかないんだけどさ。

でも助けというか、サポートは色々な植物とかトリーチメントがある。

ありがたいことです。

 

そういえば、相棒ウディは最初のロックダウンの時にマッシュルーム、警察に没収されてた。

ロックダウンだけど近くの野原に夕日見に行こうっていうからなーんもない野原に車止めて、

ウディがほら、これもらったんだ。ってマッシュルームを袋から出したら、ちょうどのタイミングでお巡りさんが窓から顔覗き込んで。

思わず、待ち合わせ?って聞いたもん。

警察:なにこれ。

ウディ:メディカルマッシュルーム。

警察:違法でしょ。これしいたけじゃないでしょ。

私:あ、しめじかも。

で、これ俺の薬だから。ってウディ。

あーあ、これないと彼痛みで今夜寝れないかもよ、それ人としてどうよ?と絡む私。

みたいな流れで、でも没収、出頭。

 

裁判が数ヶ月前にあって、弁護士とかなしで行って、こういう病気でこういう効果があって、医療目的で使ってます、って言って、じゃあ次の時医療レコード持ってきて、という感じで和やかだった。

裁判官前やってたレストランのお客さんだった。

どう考えても、公共的意味なしのカテゴリー(そういうのがある)だと思う。

被害者いない。一銭も絡んでない。

税金使って裁判システム使うこと自体が無駄。

違法なこと自体が法律の無駄。

思うに自然に生えている植物を違法にするのが無理がある。

毒になる、医療になる、燃料になる、食料になる、すべては使いよう。

ピクニック行って、あー美味しいそうなキノコと思って間違って違法キノコを食べてしまった場合、それは犯罪なんだろうか。

っていうかサイロシビンを違法にしたら、毒キノコを間違って食べる人は減るのか。

それともそういう毒のある植物を使って、人が人に害を与えることを止めようとしてるのかな。

その場合、まずいのは毒の植物じゃなくて、人に害を与えようとしている人の心根とか間違った知識じゃないのかな?

 

ウディはフロントラインにいる自負持ってやってるからいいんだって。

パーティーで最初に踊りだすやつね。

サイロシビンのトリートメント効果ははっきりリサーチ結果に出てるから、あとは誰かがガンガン使って社会があ、効くんだって認識してもらう。

認識しない人は自然からの恵みサポートを逃す。

合法とか非犯罪化とか待って死んじゃったら仕方ないしね。

 

間違った知識といえば、ポルトガル、裁判でpcr検査25サークル以上でコロナの陽性判定するのは科学的根拠がなく、それをもとに隔離するのは違法という判決が出た。

やっと!

pcr検査の欺瞞については各国の医者たちが裁判を起こしているので、判決続くといいな。

一国の裁判所がPCR検査を科学的に診断に使えないと認めたというのは大きいと思う。

ワクチンは来月から出てくるだろうから、早く打ってまえって感じだろうな。

アメリカはワクチンのためにアーミー展開してる。

アメリカ軍のなんの役割の人か知らないけどなんかの責任者が、24時間で全米のアメリカ市民にワクチン打つ必要があるって言ってるけど。

 

裁判時間かかるもんね。

一人一人が、自分の血管に打ち込むものの材料とか、どんな影響があり得るのか調べて、打たないと不便だから打つとか、打たないと世間体がまずいとかで打たないのが大事だね。

あと子供がいる人で、打たせたくないという結論にたどり着いたら、同じ考えの人とつながって、一緒に手を考えるといいかもね。

なんにしても心決めといたほうがいい。

これから打ちたくない人を、懐柔するための方策が次々と打ち出されるだろうから。

 

まだそんなに寒くないけど暖炉に火を入れてみた。

イスラエルはこれからのロックダウンの予感を含みながら、あと2週間でビービー首相の裁判。

またロックダウンにして裁判延長するのか。

世界中波乱含みな空気。

調子整えていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave comment

Your email address will not be published. Required fields are marked with *.

Skip to content