cactus and tropicals coupon the standard spa gift card a gift for a princess miranda neville apps to get free gift cards android camping gifts under grandparents paying for college gift tax
地球ごはん

きのこの可能性

今日はキノコについて調べてみました。

きっかけは知り合いが送ってくれたted medのきのこプロフェッサーのビデオです。

そこで出てきたのがターキーテイルというきのこです。

ステージ4で医者にあと4ヶ月の命と言われた彼のお母さんが、もう歳なので化学療法も放射線治療も手術も危険だということで、彼が勧めたターキーテイルの粉末を朝晩とっていたら、完治して今も元気にされているという話です。

色々なサプリメントやマテリアルがあるのでリサーチしているといくらでも出てきますが、だいたい流れで出てきたもの、惹かれるもので直感的に選ぶことにして、食のマテリアルとしても大好きなきのこを試してみることにしました。

まずは、自然食品店でターキーテイルの粉末を買って、(50g120シェケル/3500円ぐらい)朝晩袋に書いてるある指示通り、とってみています。

そこで知人の薬効ハーブ研究家の人がいて、いろいろなキノコのフォーミュラを扱っていることを思い出して会ってきました。

彼女は基礎化粧品、シャンプー、塗り薬なども作ってます。いつもいい匂いのする、綺麗な人です。

彼女は何種類もフォーミュラを扱っていて、色々なキノコが混ざっているのもあります。

リッラクスするフォーミュラとかエナジーブーストフォーミュラ、消炎、鎮痛のフォーミュラなどなどです。

いろんな種類のキノコがあるけれど、抗腫瘍作用が証明されているターキーテイル、一本やりにすることにしました。

自然食品店で買ったものは乾燥キノコの粉末で、彼女の扱っているものは乾燥キノコの粉末を抽出したものなので、濃縮度がぜんぜん違うので1日1カプセル。

彼女にキノコについて教えてと言ったら、あんた日本人でしょ、私よりずっと身近に知ってるんじゃないの?と言われました。

舞茸、霊芝、しいたけ、普通に食卓に並ぶものにも免疫ブーストとか抗腫瘍作用、抗酸化作用などの効果があるんですね。

しめじ、えのきなど、イスラエルでも最近はスーパーで見かけるようになりました。

イスラエルは乾燥しているから、もともとそんなに多くの種類のキノコがあるとも思えないなあ。

ハウス栽培なのでしょう。キノコの自家栽培もしてみたいな。

種じゃないから菌糸?がいるのかな。

しかしこうやって、抗がん、抗炎作用のある食べ物探すと、たくさんありますね。

だから全体的にいいもの食べてて、これはっていう成分は抽出するか、してあるものを摂取すればいいですね。

最近抽出に興味がある。抽出も料理の一環だわ。

医食同然ですね。メディスンも食物も体に入って体を作るもの。

ここ1ヶ月で食生活すごく変わったなあ。食べてるものもだけど、意識がすごく変わった。

食べるもので、体を修理しつつ、体を作っていると思うとやっぱりいい材料で作りたいもんね。

あとクリーンな原材料の味がするものばかり食べてるので、インダストリーの香料や人工調味料に敏感になった。

前は普通に食べてたものが、口に入れたら、あれって思うぐらい不自然な味に感じたり。

年もあるのかな。あんまり肉食べたいと思わなくなってきたし、シンプルで重くないもの食べたい。

年ですね。

誰かが読んでくれるなら、なるべく役に立つ情報を、と思うんだけど、ネットで調べればみんなわかるもんな。

リサーチ得意じゃないし。

本能で選んで自分人体実験結果ぐらいだな、有用な情報って。

まずは癌についてもっと考えてみよう。

戦略がもっとクリアになるかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave comment

Your email address will not be published. Required fields are marked with *.

Skip to content