best christmas gift for mother in law receive surprise gift sport chek coupons january 2016 oem ford parts coupon crown metropol coupon code national naval aviation museum coupon
地球ごはん

大麻の合法化について思うこと

おはようございます。

やっと早起きサーフィン行った。

サーファーいっぱいいた。

海沿いのイベントホールが芝生にいっぱいテントというか小屋みたいなのを立てていて、貸しているみたい。

洗濯物とか干してあって、スラムみたい。

ちょっと密集?

でも海目の前だから、若者たちが住んでるみたい。

イベントホールも結婚式とかできなくてゼロ収入の今シーズンだから、なんかしないとだもんね。

 

ロックダウン中だから、出かける時、止められたらなんて言おうかなとか考えてたんだけれど、もうシンプルに直球にすることにした。

このロックダウンに同意しないので、出かけます。

憲法違反だと思ってるから裁判にします。って穏やかにチケット切られとくことにした。

 

昨日の夜、警察は取締のために、適切な(reasonable) 力を行使しても良いという決まりが通ったんだって。

適切ってそれぞれの警官の気分とか性格で決まるんだよね、、。

まあ、柔軟にやっていこう。

最近のキーワードは共鳴です。

自分の思うように行動するけど、世界とは共鳴していたいな。

 

最近考えていた、大麻の合法化論争に思うところ。

基本私個人は

大麻だけのことでなく、違憲だと思うこと、というか普通にシンプルに考えて、それおかしいだろって思うことには従わない。

 

法律って時の政府によって変わるもので、時代の状況、モラルに適応させて変わるか、時の政権に都合のいい法律が通るか。

安倍政権が派遣法とか秘密共謀罪とか悪法どんどん成立させたみたいにさ。

私は政府が市民の為思って法律作ってるとは思わない、今の日本の政治で。

日本だけじゃないけど。

南アフリカのアパルトヘイトも、ドイツのユダヤ人隔離政策も、法律だったんだよね。

よくある大麻合法化を訴える人に返ってくる、違法なんだから従えみたいな意見あるけど、法律だったらなんでも従うの?

そういう人たち第二次世界大戦の時ドイツ住んでたら、法律だからって、黙ってるんだろうな。

虐殺黙殺。そういう人たちのこと、英語でsilent Germanって言いますね。

法律って市民のためにあるんでないのかな。時の政権が通してくることでなくて。

違法だからノーっていうのは議論にもならないし。

 

それで、snsで見る大麻取締法に関する意見見てると、まず賛成の人はその効果を体験していて賛成している人が多くて、反対の人たち吸ったことも、病気の人が目の前で楽になったり、治癒への道筋を見つけたりしたの実際見たこともないで、どっかの誰かの意見をもとに言ってるだけですね。もしくは違法だの一点張り。

科学的でも論理的でもなく、データの根拠もなく、完全時代遅れの政府広報をもとに、もしくは医療大麻に関する知識をまったく持ち合わせていないし、勉強もしていない医者の意見をもとに、なんでよく知りもしない薬草のことで反対意見言うのか理解できない。っていうかなんで反対するの?

それで楽になったり、生活の質が上がる人がいるの、なんで止めたいのかなぁ。

それってどういう心理作用なんだろう。

自分の生活に関係ないのに。

意地悪?幸せじゃないのかなあ。

あ、政府広報に騙されてるのか。洗脳。

素直すぎるよ、自分で考えよ。

 

でも、私は合法化しろ!というとなんか引っかかるというか。

だってさ、もともと日本に生えてる植物だよ。

合法ってさ、そりゃ草ですから。

薬効証明されているし、人も死にません。

だから合法化っていうより、大麻取締法撤廃して欲しい。

政府がコントロールすることじゃないんじゃないかな。

戦後、もともと自生していて、文化の中にあったものをアメリカの都合で非合法化されて、今はもうアメリカも数年で合法になるって時に、大麻特例法とかさ、おかしい。

 

世界中で非合法化されていたのは、薬効を重々承知している人たちの中に、誰でも育てられて何千種類もの病気に薬効がある植物、ないほうがいい人たちがいるからだと思う。

医療でも、エナジーソースでも、ただとか安価とかだと抑圧されがち。

なんでも陰謀かよって思う人いるかもだけど、これは一つの歴史というか人類の傾向だと思う。

地下資源の扱いがそうだったように、医学も人類全体に有効かでなくて、自分、もしくは自分が属するグループが得するように動くのって。

 

医療大麻先進国とされている、イスラエルでも政府の医療大麻システムが患者たちに使いやすい作りなわけではない。

例えば、癌認定されたらライセンスすぐ出るけれど、次の一番多い理由であるポストトラウマ、精神障害、痛み関連には出るまでに時間がかかるし。

取れるまでに医者に言われた通りに何種類もの薬をとって、それでも良くならない証明みたいな期間を置いてからでないと出ない。

取れるまでに処方される薬が、その人にダメージを与えるケースもたくさんある。

あと、量とか質の問題もあるし。

 

日本は遅れてこのイッシューを議論するのだから、世界の合法化の流れで見えてきた、合法化によって起こる問題も見据えて議論できるといいな。

合法化という名の下に、モノポリーされないように。

政府スタンダードで管理されて育てたものを、加工されて処方箋出してもらうのって信用できない。

農薬の規制が世界で一番ゆるい日本で、殺虫剤撒かれた大麻濃縮して薬にするのって本末転倒だし。

CBDも医療大麻合法になった途端、政府配給以外違法っていうのもあり得る。

 

大麻は医療だけでなくて、繊維とか、娯楽とか、生活、文化にいっぱいいいことある。

種はオメガ3と6のパーフェクトバランスなスーパーフードだし。

何と言っても強くてすぐ育つ1年草。

いいことばっかだな。本当。

 

だから、やっぱり非犯罪化。

そして非犯罪化への道は、あまりにも大麻浸透していていちいち捕まえるまでもないだろ、害ないじゃん、ってところに持っていくしかないと思う。

だから多少のリスクはあっても、病気の人、吸いたい人は吸って生活の質あげて、人に紹介して、普及するようになればいいんじゃないかな。

他の国々も、そういう先人たちのおかげで合法とか非犯罪化という流れになったんだし。

もちろん正攻法で合法化を訴えている人たちを、尊敬してます。

援護射撃できるように、大麻勉強します。

私はそういうスタンスで今まで来たというだけで。

そう、ただの意見、スタンスです。

特例法も違憲じゃないの?

好きなこと、いいと思うこと言ったら犯罪とか。

自分の意見言うこと、伝えることが法律違反になり得るのか?

 

世界中こんなんだし、自分で考えて、正しいと思うことは法律がそう言ってるからだけで受け入れてると、とんでもないことまで受けれされそう。

普通に考えてダメなこと、弱いものいじめとか、貪欲に自分のパワーとかお金を集めたりキープしたりって、人として、誰がやってもいけないことなのに、なんで政府がやると合法なんだろう。

 

なんにしても、原動力を、フラストレーションとか怒りでなく、共鳴に持っていこうと思う日々。

#医療大麻

 

 

 

 

Leave comment

Your email address will not be published. Required fields are marked with *.

Skip to content