promotional code or gift card belkin 10 online coupon for home depot cool gift ideas for tumblr mcdonalds online coupons canada
地球ごはん

二回目ロックダウン、イスラエルにて

二回目のロックダウンになってから1週間過ぎた。

割とゆるめに始まって、今週末から月曜日のヨムキプール(贖罪の日)までの三日間は厳しいらしい。

ヨムキプールというのは、一年間の反省をして、24時間飲み食いをしない、何もしないでとにかく悔い改めるという感じの日です。

車も交通機関も全部ストップ、もちろんすべてのビジネスが閉まります。

車が1台も走らないので、独特の静かさで私は好きな日です。子供がチャリで走りまくる日でもある。

今年はロックダウンもされているから、あんまりありがたみがないなあ。

 

私はこのロックダウンは不当なものだと思っているから、基本出たい時は出るんだけど、遠くまで用事があって行ったら、結構車走っていて、大丈夫じゃんと思ったらやっぱりそこここでチェックポイントがあるらしく、急に渋滞とかもあった。

しょぼいチェックポイント、通ったけどパトカー1台とおまわりさん一人でみんな通り過ぎてた。

罰金は500シェケルから1000シェケル(3万ぐらい)に上がったらしい。

治療(トリートメント)、抗議活動はいいんだって。

一人でするスポーツもオーケー。

でも家から500メートル以上はでちゃいけないとか、車じゃなくてチャリはいいとか。

聞いても解釈が人によって違ったり。

私がわかってないだけか。

 

チャリでサーフボード持って海まで行って、一人でサーフィンするのは合法なんだろうか。

アンチロックダウンとか書いたtシャツ着てサーフィンしてたら抗議活動として、通るのか?

海に座っているのってメンタルのバランス治療だし。

ライフスタイル変わって、家いるの好きだから、いくらでもやりたいことあるしストレスではないんだけど。

 

このあいだのロックダウンから半年。

激動の半年でしたね。

これからの半年はもっと激動になる予感。

半年で、世界観が変わったもん。

自分の頭がおかしくてそういう結論になったのか、散々疑って、大多数と意見が違って、言うと嫌な顔されたりして、でも今はもうふつうに現実として収まった。

陰謀論の人はもうそれ信じてるから、脳みそが科学的、医学的なプロのいうことも聞かないし、何言っても通じないみたいなアーティクルとか意見読むたびに、でも私今まで信じて生きてたことボロボロ変わったよ、と思う。

簡単じゃなかったけど。

今はもう受け入れて、テンションがないわけじゃないけど、ストレスはない。

腫瘍発見以来、ストレスマネージメント能力がついたのかも。

ストレスになっても、変わるのは自分の体内phぐらいだし。

 

私は結局ずっと外人として暮らしてきたから、世界のニュース全体的に見る傾向がある。

世界はすごい勢いでシナリオ通りに突っ走っているように見える。

でも、これからまだ色々あるよ、シナリオ通りにはいかないよ、人類という気持ちでいる。

みんな我慢強いよね。

この死亡率、このリーダーシップでここまでの我慢許容できるんだもん。

またWHO二転三転の挙句、症状ない人からは移ると考えにくい、ソシアルディスタントも隔離も意味ないかもとか言ってますね。

イスラエルではこのロックダウンの後、もう開けないビジネス多数出ると思う。

ここまで理由と対策のプロポーションが取れてないことでも信じ続けたり、従い続けたりするのは何故なんだろう。

日本はロックダウンとかマスクとかの強制ないから、感覚違うだろうけど。

私の周りはロックダウンが政治的な意図、もしくは対策ミスしてると思っている人が大多数。

でもそれってイスラエルの大多数ではないのかな。

イスラエル人はこの問題を自国のものとしてみるから、ビービー ナタニヤフ(首相)の独裁と汚職のせいだという方向に行くから、デモが掲げているのはアンチファが多い。

ロンドンは10時以降は外出禁止だって。

多くのバー、飲食にはトドメでしょう。

マスクしてなくて逮捕(罰金じゃないよ)される人も出てきた。

オーストラリアも大変なことになってる。

一方、ドイツ、カナダ、アメリカなどの医者、弁護士、賛同する一般人たちがWHO,または各国の政府を不当な封鎖の被害を被った、(メンタル健康被害、経済的被害など)もしくは個人の自由を奪った憲法違反などの理由で司法に訴え始めた。

ドイツの抗議活動は実際的でよくオーガナイズされている。

もうウェブサイト日本語版にもなっていて、(ブラボー!)興味のある人覗いてみてください。

日本語版

文句ある人は我慢してないで声上げないとね。

 

日本は不思議な国。

反応とか、政治と市民の距離とか他の国と違う気がする。

強制しなくても自粛が働くし。

ロックダウンしないで、ウイルス的に大変な状況のふりもしてないし。

 

最近注目しているのは農業関係の人たちからのニュース。

植物育てるのにハマってるから。

各国コロナが農業にも影響している。

例えばオーストラリアの記事では、クリスマスまでに国産の米がなくなるけど、メインの輸入先のヴェトナムが、輸出を禁止したので足りなくなりそう。

アメリカもオーストラリアも干ばつ続きで、元々の作付けの量がすごく少なくなってるところに、コロナの影響で季節労働者が足りなくて、その少ない作付け量も収穫がちゃんとできてないみたい。

これは米に限ったことじゃないんだけれど。

春の作付けがコロナやら干ばつでうまくいかないところに、毎日のように世界のどこかで収穫のための労働者がいない、もしくは政府が農場ロックダウンして収穫できない問題、大量の野菜の廃棄のニュースが入ってくる。

イスラエルは米をほとんど育てていなくて、輸入頼り。

輸入先はタイ、アメリカ、オーストラリアなど。

当然イスラエルでも米が足りなくなるんだろうな。もしくは高くなるか。

とりあえず、オーガニック玄米を多めに買っておく。

穀物は保存がきくからいい反面、育てるの大変そう。

脱穀とかしなきゃだし、面積いるだろうな。

だからジャガイモ植えました。

いつものオーガニック八百屋でこのジャガイモ植えたら育つの?って聞いたら、袋と芽が出た芋をくれました。

袋の底に排水用の穴を開けて、少し土を広げて、その上に芋を置く。土をかぶせる。

芽が出てくるたびに土をかぶせて、まくった袋を上げていくと100日ぐらいでできる。

そうです。

これはベランダとかでもできるね。掘らないで、破いて横から取れるし。

日に当たっちゃうと緑になって毒になるから、出ないように。

家の土壌が小石だらけで砂っぽいので根菜はこの方がうまく育つかも。

しばらくジャガイモの芽がでるたびにジャガイモ袋を作ってみる。

でも今、人参の苗いっぱい作ってるから、人参はすごく綺麗に畝の小石を除いて、いっぱい植えようと思います。

まだみんな小さいけど、この調子で続けてたら、少しづつ豊かになっていくでしょう。

最初、種とか苗とか買っていたけど、これからは取れたものを種用は別にとっておくようにしようと思う。

ブロッコリー、セロリ、ジャガイモ、人参、ニンニク、長ネギ、ビート、葉物はケール、マンゴール、レタス何種か、ルッコラ、ほうれん草、ハーブ類はローズマリー、タイム、パセリ、バジル、ディルなど地中海のハーブたちを植えました。

今回は買ってきた土壌も少し混ぜて、オーガニックの肥料もちょっと入れてみました。

結果でないとがっかりだからね。

前回はお試し家庭園芸でこれじゃあ、自給に近づきもしないということで、今回はもうちっと上手くいくといいなー。

 

近所のサボテン博士のところを覗いてきたよ。

サボテンのつぎ技とか種から育てる方法を聞いてきた。土壌のレシピとか。

オーガニックは苦手で、砂みたいな排水のいい土壌のミックス、ミネラル大事だそう。

ペヨーテはもう絶滅種なんだそうです。

マグロみたいなもんだな、人間に食べられすぎた。

育つのにすごく時間かかるから。食べちゃう人には売りたくないんだって。

そういうメッセージをペヨーテから受け取ったんだって。

メディスンとして必要な人は、ブラザー(サンペドロ)のとこに行って、もっと豊富だからって。

どの植物も感謝とリスペクトを持って使わせてもらうのが大事ですね。

NASA認定の電磁波吸収ナンバーワン植物という情報もあるし、もともと好きだったサボテンの性質を学ぶ機会がきたみたい。博士も現れたし。

なんでも育てて観察しているうちに、知り合っていくんだど、ショートカット。

彼の家には私と同い年ぐらいのペヨーテいるし。

観察してたら、私の方が先に寿命来そうだからね。

 

Leave comment

Your email address will not be published. Required fields are marked with *.

Skip to content