leedstone coupon code special gift for husband on first night azera coffee gift tioga downs casino gift cards wendy collins gifts todugift back cover for xiaomi redmi 1s
地球ごはん

春夏野菜と今後の方針 (6月に畑にするといいこと)

今、畑スランプ。

今育ててる量じゃ自給自足に遠すぎで、でも収穫量を増やすためにいっぱい植えて仕事増えるのもやだし。

もう直ぐ2年住んでるから引っ越したくなってるのもあるか。

と云う中途半端な。

なのでここらで季節に合わせた方法で心機一転、愛を畑に注ぐ情報を整理したいと思います。

6月に植えるといい夏野菜

今うちで育ち中のものは

とうもろこし、赤ピーマン、春大根、ズッキーニ

収穫中でもう食べれるのがキュウリ、トマト、ラデッシュ、キャベツ、ニンニク。

じゃがいももまだ地中にある。

ハーブ類(ローズマリン、セージ、パセリ、コリアンダー、ミント、レモングラス、ズタ、チャイブ、グリーンオニオン、バジルなど)はだいたい根付いて、好きなときに好きなだけ取れる。

レタス類が出遅れて育つのが遅い。あの一角の土が良くないかな。夏だからわざと日当たり悪いところにしたんだけど。

イスラエルの夏の日差し強烈だから。

夏はレタス季節じゃないよね。でもレタスは1年中食べたい。

ハイドロ栽培しようと思って冬にビニールハウス(3m/7m)作ったんだけど、何もせずに夏真っ只中。

日陰シート被せて、側面のビニールを巻き上げたから夏も使える仕様にしたので、そこで水耕レタスでもやるか。

 

6月に北半球で植えると良さげな野菜は

ルッコラとか青梗菜みたいな葉物。

キュウリ、ニガウリ、ズッキーニなどのウリ系。

ニガウリってつるよく伸びるから、防熱効果もよろしいらしいです。ベランダのプランターで育ててつるを誘導してあげると日差しを防いで涼しいし、目にも緑が優しくて良さそうですね。一石二鳥がパーマカルチャーっぽくなりますね。

オクラ、枝豆なんかも良さげです。どっちもプランターでも育てやすいと思います。栄養価高いし。

とうもろこしもいいですね。

種植えてから90日ぐらいだから、今から種まいてもいけます。

とうもろこし、プランターでもいけるってネットで見るとあるけど、どっちかというと外に植えるのが向いてるような。広い面積にいっぱい植えたいなあ。美味しいよね。茹でただけでもうご馳走。

庭があるならサツマイモも今植えとくといいですね。

今植えておいて、秋になったら育っています。

家庭菜園のサイトをネットで見るとだいたい2週間前に石灰撒いてPH調整、1週間前に元肥を施しておく。植えてから追肥を野菜の種類によって数回あげるという感じでしょうか。

でもさ、ホームセンター行って土とか肥料とか買うんなら、オーガニックの農家に育った野菜を注文したほうが効率よさげな。

植物育てるの楽しいし健康にいい感じするけど。

オフグリット目的か、野菜を育てることを楽しむのが目的かで変わってくるのか。

私は野菜育てるの楽しいけど、実用的にオフグリットしていきたいな。

自給自足まで行かなくてもさ。

自分の食べ物自分で育てるのって、生きてる感じするから。

生きてくことをシンプルな視点で体感できるって精神にも良き。

だから土とか肥料や殺虫剤を運び込まずに、コンポストと育てたものの茎やら根っこやらを土に戻すことでなんとなく育つ環境を作りたい。

 

今ズッキーニがうどん粉病にやられている。ケミカル使わずになんとかする。

ということで、6月の課題は

さつまいもを植える。

うどん粉病を解決する。(追記:近所のオーガニック農家のお兄さんに聞いたら牛乳を水で1:1に割ったものを週2、3回

スプレーで吹き替えてあげると治る、というので試しています。ひどいのはもう引っこ抜いて、残りの株たちで試しているのでまた報告します。)

葉物のハイドロ栽培を計画する。ビニールハウス使いたいし。

お金を介在せずにやる。お金介在すると、オフグリットじゃないし。

 

穀物について

とうもろこしって贅沢な食べ物だよね。

あんなに背高く育って、時間かかって1個だもんね。

甘くて美味しい。メキシコとか南米ではもう神様の一部みたいなもんだったんだろうな。

穀物は最初っから大変そうだからやめといて、穀物は食べなくていいやんとおもってとうもろこしと芋類に力入れようと思ったけど、とうもろこしって広〜いところにいーっぱい育てないと、毎日食べられないや。やっぱ穀物系ですね。

あととうもろこしってゆう出て食べたらほとんどよう漁れないから栄養になってないとも言われた。

乾燥して挽いてから料理とかベーキングに使うのが消化には良いみたい。やっぱ野菜じゃなくてとうもろこしは穀物ですね。

 

今福岡正信さんの一本の藁革命を読んでいるんだけれど、

耕さない方法で、1反(1000m2)で10俵(600kg)ってすごい。

麦もそれぐらい行くのか?

穀物強いよね。だって1年分を半年かけて次の1年分作るのって目標も結果もはっきりしてて毎年の命かかったゲームみたいで集中しやすそう。

お米って炊いたらだいたい倍になるから、1日米、もしくは麦2合(360g)ぐらい食べるのかな。

一人月に10キロぐらいの穀物があればよさそう。

今小麦粉やめようと思ってるんだけど、自分で育てたのなら食べたいな。

香ばしく焼けた小麦って美味しいし食卓のバラエティが増えるよね。クリエイティブになれる材料だし。

脱穀して製粉までしたらこれまた贅沢品だな。

そしたらうどんだって、パンだって作りたくなるよな。

日本で天然酵母のパン屋やってた時、小麦粉と水だけで酵母じっくり起こして安定させて、それでパン焼くとまさに材料が小麦、塩、水のみ(あと菌)という、一番原始的ででも洗練された料理ってものの始まりだと感じた。

これ育てた小麦でやりたいなあと思ったもんでした。

そういえば、最近ずーっと昔にそういえばやりたいと思ってたなということが実現しててハッとすることが多いからこれもそうなのかな。

 

一本の藁革命的農法と最新テクノロジーを使ったハイドロと両方研究しよう。

そろそろ土地が欲しくなってきた。

でもそれがイスラエルのかがわからない。

愛憎を超えて、自分の国みたいな気がするけど。

自然は日本が豊かだよなあ。

遊びに行こう。しかしこのオリンピックどう影響するんだろう。

 

Leave comment

Your email address will not be published. Required fields are marked with *.

Skip to content